太陽の下で遊びたいけど日焼けが気になる

僕は今年、ずっと狙っていた地元の国立大学に念願かなって合格し、楽しいキャンパスライフをスタートさせました。大学での生活は高校のそれとは違って、とっても刺激的で楽しく、何よりも一番の違いは、解放癌が半端なくあって、勉強漬けだった高校三年生の一年間の鬱屈を取り返してもお釣りが出るような毎日を送っています。

太陽光発電 導入までの道のり

なによりも嬉しかったのは、大学に入ってから、生まれて初めて彼女ができたことで、それまでは知識としてしっているだけだった世界が、僕の前に実感を伴って現れたのです。正直、この「彼氏・彼女の関係」にのめり込まない若者はいないのではないかとさえ思います。

換気扇(ロスナイ) - 三菱電機 パートナーWeb[WIN2K]

さて、このように僕には、生まれて初めての彼女が出来ましたが、今年の夏、「彼女持ちの男は、こんなところも気を付けてあげないといけないな」と思う出来事がありました。恋人との海水浴を楽しもうと、彼女を江の島の海に誘ったのですが、意外なことに断られてしまったのです。ちなみに、僕の恋人は体型も素晴らしく、出るところは出て、引っ込むところは引っ込んだ美しい体をしています。彼女に行きたくない理由を聞くと、「太陽の下で遊びたいけど日焼けが気になる」と一言。

アプリケーション:エコエネルギー分野 | ソリューション・サービス | 株式会社メガチップス

確かに、男なら日焼けも気になりませんが、女性はこういうことを気にするものだと、改めて納得。結局、インドア施設で日焼けを気にしないでいいような形で、彼女とは遊んだのです。